もはや無双!Amazonが新サービス「Prime Reading」をスタート

こんにちは。

釣りとガジェットが大好きなフリーランスのウェブ屋さん、谷口裕紀(@taaaanyan1208)です。

中秋の名月を迎え、これから益々秋の夜長が深まっていきますが、そんな季節にピッタリのサービスがAmazonでスタートしました。

その名も、「Prime Reading」。

「なんじゃそら?」と思っているそこのあなた、これはどえらいことですよ。

ということで、今回はこの「Prime Reading」についてご紹介しようと思います。

それでは早速いってみましょう!

それは1通のメールから始まった

今日のお昼過ぎの出来事です。

僕がお昼を食べ終え、デスクでスマホをいじっていると、1通のメールが届きました。

差出人はAmazon。

僕も最初は「アソシエイトプログラム(アフィリエイト)の売上報告だろう」と思ってました。

しかし、メールを開いた僕はそこに書かれていた内容に狂喜乱舞したのです!

そのメールというのがこちら

Amazonからのメール

なに~!?!?!?!?!?

つ、遂に読み放題がPrime特典に追加キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

聞いて驚け!これが「Prime Reading」だ

僕がどれだけ興奮したかということは分かって頂けたと思いますが、今のままだとただそれだけで「なんのこっちゃよぉわからん!」という人も多いと思いますので、キチンとご説明しましょう。

今回スタートした「Prime Reading」はAmazonの有料会員サービスである「Amazon Prime」の会員向けサービスとして新たにスタートしたもので、簡単に言うと電子書籍の読み放題サービスです。

もちろん紙の書籍として出版されている本や雑誌の電子書籍版もありますが、中には電子書籍だけでしか発売されていない物も含まれていて、それらがなんとPrime会員なら追加料金無しで読み放題になってしまうというから驚き。

まさに、読書好きには生唾モノなサービスなんです。

ジュンジュルリ(*´Д`)

実は似たようなサービスも元々あった

な~んて、ここまで散々熱く「Prime Reading」について語ってきたわけですが、実はAmazonには以前からこれと同じようなサービスがありました。

それが

これ、「Kindle Unlimited」。

内容は「Prime Reading」とほぼ同じなんですが、これは「Amazon Prime」とはまた別のサービスなので、Prime会員でも別途月額980円を支払う必要があります。

その代わり、「Prime Reading」に比べて読み放題の対象となる書籍の数はかなり多くなっています。

ちなみに僕、このサービスも一時期利用していました。

スマホをiPhone6s plusに買い換えて画面サイズが大きくなったので、Kindleアプリを使って電子書籍を読んでたんです。

しかし、やっぱり本を読むには画面サイズがちょっと小さく感じ、

「これに毎月1,000円はちょっとなぁ…」

ということで、解約してしまったんです。

しかし、「Prime Reading」なら月額980円は無し。

ちらっと流し読みしたい本や読み放題の対象なら、いちいち本屋に行かなくてもスマホやタブレットで読めるんですよ、奥様!

「でもお前、スマホの画面で本読むの、1回挫折しとるやんw」

そう、だから僕は決意したんです、自ら退路を断つためにね( ̄ー ̄)ニヤリ

そして僕はFireタブレットをポチったw

追加料金がかからないとはいえ、5.5インチのiPhone6s plusではやはり電子書籍は読みにくい。

そうなったらやっぱ買うしかないでしょう、電子書籍リーダー!

ということで、私この度

これ、ポチりましたw

いやぁ、自分で言うのもなんですが、カモです、カモ!w

ただ、実はこのFireタブレットシリーズや、純粋な電子書籍リーダーのKindleも、Prime会員なら4,000円割引で買えるっていう特典があるんです。

Prime会員の年会費が3,900円なので、この割引特典を1回使っておけば、それだけでも元は取れちゃう計算ですね。

ちなみに電子書籍リーダー特化型のKindleではなくFireタブレットを選んだのは「折角買うなら動画とかも見たい」っていう理由です。

たかだか1万円の買い物でどんだけ欲張りやねんって話ですが、愛知県民はそういうところ貪欲なんですw

ということで、Prime会員特典の「Prime Reading」をフル活用する為に、別のPrime会員特典もビシっと活用してデバイスを手に入れた僕なのでした。

まとめ

ということで、今回は「Prime Reading」についてお届けしました。

それにしてもPrime会員特典に「Kindle Unlimited」に近いサービスが加わるとは、既存会員の僕にとってはなんとも嬉しい誤算です。

でもこのサービスのリリースで、僕と同じようにFireタブレットやKindleシリーズをポチった人多いんだろうなぁ。

新規でPrime会員になる人も、相当数居るだろうし。

思い切りも良いけど、キチンと皮算用してますね、Amazonさん。

翌日や即日配達のみならず、会員向け特売のprime dayや、コンテンツの放題系サービスも充実してきた「Amazon Prime」。

もはや僕の中では無双のサービスと言っても過言ではありませんが、今後どんな変化を見せるのか、ポチリストとしては益々楽しみです。

 

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です